株式会社LS Creation
  1. TOP >
  2. Blog

Blog

アメリカに行く前に知っておきたい便利表現!

Hello everyone! 英語講師のYuriです♪

英語を勉強したからには、海外に行って実際に外国の方とお話してみたい!とくにアメリカに行きたいなって人も多いのではないでしょうか^^

私は大学生3年生の頃、友達と初めてアメリカに旅行に行きました!

その時のドキドキワクワク感をすごく覚えています^^その時に「あ〜これ前もって知っておけばよかったな」と思ったことを、今回はシチュエーション別に少しシェアさせていただきます♪

まず、アメリカでよく困るシチュエーションといえば・・・トイレ!なんです(>_<)

日本では、お出かけをしたとき、トイレに困るなんてことはほとんどないですよね。困った時にはコンビニ・デパート・スーパーなどに行けば使うことができます。これを当たり前だと思わないでください・・・

アメリカのトイレは、鍵がついていたり、コードが必要だったりするんです!(゚o゚;;

日本の便利さは神・・・

そこで、トイレに関わる便利表現を見ていきましょう♪

【トイレに行きたい時使える表現】

◾️トイレの場所を尋ねる表現

“Where is the restroom?”(トイレはどこですか?)

まずシンプルに、トイレの場所を尋ねる表現はマストですね!

レストランやカフェなどにあるトイレは “restroom”と言います。 “toilet” というのはアメリカでは「便器」を表すのであまりオススメしません^^; また、“bathroom” もよく聞くと思いますが、これは家にあるトイレを指すので、お店では “restroom” を使いましょう^^

さてさてトイレには着いたけれど、鍵がかかっているorコードがいる!というときには、

店員さんのところに戻ってこう聞きましょう。

◾️トイレの鍵・コードをもらうための表現

“What is the code for the restroom?”(トイレのコードは何ですか?)

“Do you need a key for the restroom?”(トイレに鍵は必要ですか?)

こう聞けば店員さんが鍵をくれるか、コードを教えてくれます。

しかし中には、何かを注文しないと教えてくれないなんてお店も結構あるんです(TT)

そんな時は、とりあえずか何かを頼みましょう。もしくは、誰かがトイレから出てくるのを見計らって出てきた瞬間入る、なんて荒技もありますが(笑)

【レストランでよく使う便利表現】

◾️注文時に使える表現① 

“I’ll have the ~” 

(例)I’ll have the cheese burger. (チーズバーガーをください。)

シンプルに使える表現ですね!

◾️注文時に使える表現②

“Could I get the ~?” 

(例)Could I get the tuna sandwich?(ツナサンドイッチをください。)

Canの過去形Couldです。もちろんCanでもOKです^^ Couldの方が丁寧表現ですが、注文時に使う時はそこまで違いがないように思います。

◾️オススメを聞きたい時に使える表現①

“What do you reccomend?”(オススメは何ですか?)

ただし、これを聞いてしまうと、「じゃあどんなものが食べたい気分?辛いものが好き?甘い方が好き?・・・」など色々聞かれて戸惑ってしまうかもしれません^^; (もちろんどんどん会話したい人はOK!!)

◾️オススメを聞きたい時に使える表現②

“What’s your most popular dish?”(ここの一番人気の料理は何ですか?)

あれこれ聞かれると困るな、という方はこちらの方がいいかもしれません。これを聞けば、お店の一番人気メニューを教えてくれるはずです!

◾️食べきれなかった時に使える表現

アメリカといえば、とにかく料理の量が多い!^^;

私も最初にニューヨークのイタリアンの店に友達と2人で入ったとき、日本の感覚でパスタとサラダとピザを1つずつ頼んだらえらいことになりました(笑)

よく店員さんから “Would you like a box for this?”(これを持ち帰る用の箱はいりますか?)

と聞かれますが、自分から聞きたいときは次のように言います。

“Can I get a box?” めちゃめちゃシンプルですよね^^

※doggy bagという言葉もありますが、最近は単にboxと言う方が多いです。

【スーパーでよく使われる表現】

◾️レジでよく使う表現①

日本もキャッシュレス化が進んでいますが、アメリカでは日本より圧倒的にカードが使えるお店が多いと思います。

そこで!カードを使おうと思ったときにこう言われることがあります。

【店員さん】 “Can you use the chip?”

私の最初の反応は「なんのこと・・・?」でした^^; これは、カードについているICチップのことなんですね。カードを読み取る際、スワイプする方法と、差し込む方法があります。ICチップがある場合は差し込む方が安全なので、そちらを使うようにという意味で “use the chip” と言われます。

◾️レジでよく使う表現②

【店員さん】“Do you have a reward card?”

rewardとは「報酬、ご褒美」の意味です。つまり、ご褒美カードですね(^_^) あれば割引になったりポイントがたまったりします。なるべくお得に賢くお買い物したいですよね♪

◾️レジでよく使う表現③

“Can I get a receipt?”(レシートもらえますか?)

レシートが欲しいときは、こう聞けばOK!つづりにあるpは発音しません。

【終わりに】

学んだ英語を実践するときは、ドキドキすると思います。「ちゃんと伝わるかな?」「聞き取れるかな?」と心配になる気持ちはとても分かります。しかし、一番重要なことは、とにかく話してみること!言いたかったことが言えなかったとしても、勇気を出して話してみた結果だったら「次同じシチュエーションにあったらこう言おう。」と反省して成長することができます^^ 私もこの反省を繰り返して、話せるようになっていきました。

Have the courage to speak up! But remember to enjoy speaking English♪ Bye!

Would you like to contact us ?
各種サービス内容・コンテンツに関するご相談・ご質問など、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ